角栓が現れる条件

適切な肌のターンオーバーとは

通常の肌はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝により、古い角質が剥がれおち、新しい肌へと生まれ変わります。肌のターンオーバーは、だいたい生理と同じ周期の28日と言われています。このサイクルが乱れると古い角質が剥がれおちず、毛穴に留まり、皮脂と混ざり合って角栓となるのです。角栓の成分は皮脂が3割、古い角質が7割と言われています。従って、皮脂ケアだけ行っていても角栓は取れません。皮脂ケアに加えて、肌のターンオーバーを適切に整えることが重要です。肌のターンオーバーを整えるには何が必要なのでしょう。まずは睡眠です。成長ホルモンが分泌される22時から翌2時までには就寝しましょう。そして、食事は野菜を多く取り、脂の多い食事は控えましょう。紫外線に浴びすぎないことも必要です。

正しい洗顔方法と生活習慣

毎日洗顔しているのに、なぜ角栓が出来るのでしょうか。洗顔方法も角栓ケアにおいて重要なポイントです。皮脂が角栓の原因と思いこみ、何とか皮脂を取り除こうと洗顔している人もいます。しかし洗い過ぎにより、肌に必要な皮脂までを取り除いてしまうことがあります。肌のうるいを保つ成分まで洗い流してしまうと、肌のバリア機能が落ち、紫外線などに過剰に反応してしまうことがあるのです。ゴシゴシ洗うことは禁物で、良く泡立てて洗うことが重要です。Tゾーンから洗い始め、目元や口元は泡を乗せる程度で十分です。角栓取りに、よく毛穴パックが使われますが、過剰に使用すると、肌を傷付けるのでお勧めできません。週に2回ほど、蒸しタオルなどで毛穴を広げてから、クレンジングや洗顔をすることは有効と言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加