予防のために必要な事

角栓には定期的なお手入れを

角栓とは、古い角質と皮脂が毛穴の中で固まってしまう事です。余分な皮脂の分泌や古くなった角質が肌に残ってしまったり、乾燥が原因で起こります。角栓がつまった状態にしておくと、酸化して黒くなってきます。さらに、黒くなった角栓は、活性酸素を発生して、皮膚にシミのようなモノを作ってしまいます。 無理やりではなく、正しい方法で角栓を取り除いた後は、毛穴ケアが必要です。この毛穴ケアをする事で、角質が出にくい肌へと変化していきます。そして肌の荒れも減り、化粧のりがいい肌になります。 角栓をケアする時は、正しい方法とアフターケアをする事で、出来にく肌へ導いてくれます。自分自身の肌のタイプに合った方法でケアをしてください。

肌に必要な保湿成分について

ある化粧品メーカーの研究内容から、角栓の成分の約70パーセントが、角質で約30パーセントが皮脂と紹介されています。この角栓は、一般のクレンジング剤で洗顔をするだけでは、落とす事が困難である事がわかりました。そこで、おすすめなのが鼻を指で動かして、角栓が出来にくい肌にする運動です。さらに、食生活や睡眠やストレスといった生活習慣を見直す事も必要です。 そして、十分に保湿された肌は毛穴が目立たず、キメが細かい美しい肌に見えます。現在、保湿成分の中で最も話題になっているセラミドは、以前までは、外から補う事は困難だとされていました。しかし現在では、セラミドを縮小する事に成功して、肌の奥へ浸透させる事が可能になりました。セラミドを浸透させる事により、肌の乾燥をふせげる事が出来るようになります。正しく保湿して、洗顔する事により美しい肌を手にしたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加